葬儀社を選ぶ明確な判断基準を消費者にお伝えし、大切な人を送りたい!

安心な葬儀社選び.com

葬儀準備度チェック

納得いく葬儀に大切な事は、安心な葬儀社を選ぶ事

おくりびとチェック

貴方のおかれている状況は?


皆さん、一人ひとり置かれている立場は違い、様々な事情を抱えています。貴方が置かれている立場によって、知っておきたい知識も変わってきます。
状況に沿った、事前にここだけは押えておきたい必要な知識を紹介します。

事前チェック①:自分が置かれている状況を考えたことがない

後悔しないために自分が置かれている状況を見つめる

イメージ画像状況を見直し、準備の必要があるか考えましょう。

お葬式のことを考えるなんてしたくない!!
身内の不幸の準備などもってのほかと思われる方も多いでしょう。
しかしいざとなったら中心になって家族を送る必要がある方は多いはずです、突然やってくるかも知れない事を準備しておくことは難しいかも知れませんが、基本的な知識だけでも頭に入れおくこと、いざとなったらどうするか、考えることも必要かと思います。

※ 自分が中心に送る身内がいるか考えてみる
※ 身内を送る必要がある方は、最低限基本的な知識を頭に入れておく

事前チェック②:先の話だが、自分が中心になり送るべき家族がいる

いざという時の事を想定し、状況に応じた必要な情報を収集する

イメージ画像先ずは葬儀の必要な知識を頭に入れておきましょう。

誰もが必ず人生のエンディングを迎えます。しかし、何も準備なく、突然自分が当事者になる事も少なくありません。葬儀に関しての深い知識をもっている方は少なく、万一のときに何をしてよいのかわからず、対応に追われてしまうような場面をよく目にします。送るべき人がいるのなら、先ずは葬儀の必要知識と、少なくとも、いざという場合を想定し、どの様な対応を取ればよいか考えておきましょう。

※ 必要な葬儀の知識の収集
※ いざという時に何をすれば良いか、頭に入れておく
※ 事前に葬儀社のチェック若しくは、葬儀社を選定

事前チェック③:遠くない将来、送るべき家族がいる

事前に具体的な相談をする。

イメージ画像旅立つ人を偲び、納得の葬儀を行うために

葬儀社の言われるままに進めた結果、葬儀が終ったあと冷静に考えると納得いかない、不満を持ったというケースが多く見られます。 そうならない為に大切なのは、事前に相談を行い見積りをしてもらうことです。 また、事前に準備をしておけば、故人にふさわしい、思いのこもった葬儀が行えるでしょう。

※ 具体的な相談を行う
※ 見積りを依頼する



自身が中心となって送るべき家族がいる方へ、後悔しない葬儀を行うために、知って欲しい予備知識をまとめています。 状況も当然個々に違うので、各自の必要性によって参考にして頂ければとお思います。

事前準備①:知っておきたい葬儀で行う事

いざという時に行う事・知っておきたい事は?

イメージ画像葬儀は時間が限られています

事前の準備を行うこと自体、積極的に行いたいものではないと思いますが、突然の不幸では時間的制約もあり、最低限知っておきたい事を紹介します。

【亡くなった直後に行う事】

・死亡診断書
・死亡届を出す火埋葬許可証の受給
・身内や地域、伝えるべきひ人への連絡
・葬儀社へ依頼
・寺院などへ連絡し、打ち合わせをする
・葬儀内容、場所、日取りを決める
・喪主、世話役代表を決める。役割の分担を明確にする
・埋骨許可証

※詳しい事は、葬儀社が対応してくれます。

【葬儀後に行う事】

・葬儀全般の費用の支払い
・各種法的手続きを行う
・公的年金や生命保険など、各種保険の支払い請求
・銀行、電話など、各種契約の名義変更
・挨拶回り
・礼状、挨拶状

【準備しておくこと】

・遺影用写真の用意
・葬儀代金の用意
・伝えるべき人への連絡先
・葬儀の依頼先




事前準備②:費用の準備

費用の準備・葬儀費用の概要を把握しておきましょう

イメージ画像どの位かかるか知っておく

葬儀の規模や参列者の人数で費用は変わってきますが、平成19年に日本消費者協会が行った全国平均の葬儀費用の全国平均は231.0万円という調査結果が出ています。 事前に、どの位かかるか調べて準備しておくことは大切ですし、会葬者の人数などを想定し、具体的に相談を行えば実質の費用負担が把握できますので、準備する金額が明確になります。

事前準備③:葬儀の依頼先

いざという時にご依頼する葬儀社が決まっていますか?

イメージ画像自分の目で判断するのが大切です

良い葬儀を行うためには、葬儀社選びが非常に重要な要素であり、葬儀の良し悪し葬儀社で決まると言っても過言ではありません。 最近は、ネットの浸透で事前に判断することが可能になりましたので調べておきたいところです。 出来れば自分で目で、葬儀社のスタッフの対応や雰囲気を確認してください。

事前準備④:葬儀内容・会葬者・見積り

故人が満足するセレモニーや参列して頂きたい方を把握してますか?

イメージ画像把握しておくことが良い葬儀につながります

良い葬儀社を選び、具体的に葬儀の概要、参列者の把握をし、その葬儀社に伝えておけば、いざという時にスムーズ且つ、満足いく葬儀に結びつくとおもいます。 良い葬儀社なら今や見積りを行うことは当たり前です。 それにより明確な費用、また、各社会員割引等の特典もありますので費用を抑えることが可能になるでしょう。

エンディングプロセスプラン

プロセス①:いざという時のために

自分自身や送る人になり代わり考えて見てください

1安心・納得の葬儀を行うためのシュミレーション

人間は皆歳をとり、体や頭も衰えて行き必ず人生は終焉します。 一昔前は、こうした事を考える事自体がタブー視されてきました。 しかし実際にいざという時になったときに、送る家族は、短期間の間に様々な決断にせまられ、大変な思いをし、旅立った後に、本当に本人の望んだ様に送ることが出来たかは分からずじまい、まして、ほっとして葬儀社からの請求書を見てビックリ、そんなケースが良く見受けられます。 本人が望むかたちを伝えておけば、家族は安心して送る方の希望に沿った決断が行えます。 自分のためまた、家族のために、この機会に一度考えてみてください。

自分自身や、貴方に送るべき方がいる場合、その方に成り代わりシュミレーションを行ってみてください。 プロセスに沿って進めていく事により、費用・内容両面で満足行くセレモニーの準備が行えると思います。

プロセスごとに整理して書き残してください。 書き残すことで家族へのメッセージが残せます。また、いざという時に本人の希望が家族に伝えることが出来ます。

現在エンディングプランメッセージノートを作成中です。暫くお待ち下さい。

プロセス②:人生の振り返って見る

自身の人生における様々な出来事、関わった人々は・・

2人生の道のりを確認し、家族に自分の人生を伝える

人生を振り返ってみると、その時々の思い出や関わった人々への想いが、浮んでくると思います。 項目ごとにまとめて、様々な思い出記載してみてください。

・出生について -名前の由来、生年月日、生まれた場所、本籍地 

・小学校の思い出 -得意だった科目、よく遊びに行った場所、よく遊んだ友達
              記憶に残るエピソード、熱中したこと・・・
 中学・高校・その後の格好も上記同様に思い浮かんでくることを記載してみる

・仕事について -勤めた会社、勤務地、世話になった先輩・上司、同期や後輩
            記憶に残るエピソード、思い浮かぶ思い出

・両親について -名前、出身地、思い出、亡くなっている場合はお墓の場所

・兄弟について -名前、思い出、亡くなっている場合はお墓の場所

・配偶者について -あなたが選んだ理由、思い出、伝えたいこと

・子供について -子供の名前の由来、思い出、どんな子供だった、伝えたいこと

・今の私ついて -趣味、好きな歌、所属サークル等、これからやりたい事

プロセス③:葬儀の内容や規模の概要を決める

自身が考える葬儀や伝えたい人を明確にする

3人生を振り返りお葬式の内容を考える

人生には様々な人との出会いや思い出があります。今までの人生を振り返り、自身の終焉に対しても、伝えたい、また立ち会いたいと思う方々もいらっしゃると思います。貴方の考えや様々な要因を考えて内容を決めてください。

●お葬式についての貴方の考え方
具体的な内容を決める前に普段から貴方が思っているお葬式について考えて見ましょう

■お葬式に対しての考え方

□故人を供養する大切な儀式     □故人とお別れする大切な儀式
□故人との絆を再認識する場所    □遺族の悲しみを和らげるもの
□故人の生きていた証をあらわす場  □世間体や見栄でやるもの
□意味のない風俗に過ぎない

■お葬式への参列について

□親しい人は必ず参列したい □親しい人ほど参列したくない
□さほど親しくない人でも出来るだけ参列したい □親しくない人は参列したくない 

■お葬式のお金

□積極的にお金をかけるべき  □お金をかけることは悪いことでは無い
□故人にあったお金をかけるべき □あまりお金をかけるべきではない

■お葬式はだれのもの

□故人のため行うもの □遺族のため行うもの □故人の友人・知人のため

■お葬式はあり方は

□もっと自由にあっていい □故人の人となりを表現すべき
□伝統的なやり方で行うべき □演出は不要だ

●お葬式の内容を決める
上記で貴方が思っているお葬式についてを考慮して、貴方にあったお葬式の内容について考えて見ましょう。
■貴方が亡くなったら喪主は誰になりますか

■お葬式の規模についての希望は?

□盛大に  □標準的  □ひっそりと  □近親者のみで  □葬儀は不要

■家族の希望は?

□盛大に  □標準的  □ひっそりと  □近親者のみで  □葬儀は不要

■お葬式を何処で行いたいですか?

□自宅 □寺院 □葬祭ホール □その他

■家族の希望は?

□自宅 □寺院 □葬祭ホール □その他

■遺影は準備していますか?

□準備している □これから準備する □家族にまかせる

■形式や演出についての希望は?

□一般的に  □祭壇にたくさんの花を  □流して欲しい音楽は〔         〕
□写真やビデオで演出  □思いでの品を会場において欲しい〔         〕

■弔辞を読んでもらいたい人は?

読んでもらいたい人 〔                       〕

■葬儀費用の概算は

概算金額  〔                     〕

■葬儀費用の準備は

□準備していない □準備している    具体的に〔               〕


●伝えたい、伝える方の連絡先
親戚や人生の振り返り等で思い浮かんだ方、連絡をして欲しい友人、知人の連絡先をまとめます。 家族へ直接伝えて欲しい人、学校や会社等で区分けして、連絡先になってもらえそうな人をチェックして一覧表にして、家族にも分かる場所においておきましょう。

プロセス④:プラン内容を伝えるべき方へ説明

託すべき人へ自身の思いを伝える

4伝えることが、残された家族への思いやりです

残された家族に対し、本人の望むかたちを伝えておきます。 伝える方は、配偶者や喪主になる方あたりが妥当だと思いますが、ご本人が伝えておきたい人へ託してください。
具体的なプラン内容も、本人の希望だけを伝えても、家族の希望を確認してから決めても自由です。 

プロセス⑤:決めた概要に対しての準備や葬儀情報の収集

内容に沿った葬儀を行うための情報を調べてみる

5具体的な内容で、規模や費用も想定できます

最近は様々な形態や、新しいスタイルの葬儀が見られるようになって来ました。 予め決めた概要を照らし合わせて、情報を収集し準備を行ってください。 また、地域の葬儀社情報のチェックもお忘れなく。

プロセス⑥:葬儀内容を決定、葬儀社に相談してみる

具体的なプランを示し、見積りを依頼する

6明確な費用が想定でき、安心・納得の葬儀につながります

具体的な内容を決定し、事前に費用の概要を確認したら、一度、葬儀社に相談しましょう。 相談することにより、自分で目で葬儀社のスタッフの対応や雰囲気を確認することが出来ます。 また、事前に考えた具体的なプランを葬儀社に示し、見積りを依頼しましょう。 出来れば数社に出向き、価格面、スタッフの対応、斎場など総合的に判断し、依頼先を決定しましょう。  

プロセス⑦:一定期間ごとや必要に応じて修正

時期や状況によって臨機応変に修正しましょう

7見直すことが大切です

時期や状況によって、臨機応変に修正することも大切です。 作成した時と、時間が経てば当然、考え方、環境は変わってきます。 一度、概要を決めておけば、修正項目だけを書き直せばよいわけで、簡単に修正できます。

葬儀を計画し家族の為に負担を減らす思いやり 送る人になり代わり考えて見ても


エンディングノートをご存知ですか?

最近存在がクローズアップされつつあるエンディングノートをご存知ですか?どの様なものかと言うと「本人の人生の振り返りや自分が死んだときに葬儀の希望・預金の所在や友人等の連絡先など」自分の意思を書面に残しておくノートのことです。これによって様々な手続がスムーズに運んだり、故人の意思を汲み取ったすばらしい葬儀が行えたとの話も聞いています。  エンディングプランプロセスはエンディングノートの必要事項を踏まえ、具体的にプランを進めるためにあたっての道しるべと思って下さい。

書き残すことで家族への想い・メッセージを残しておく


元気・健康なうちに

元気なうちに考えたくないのは当たり前です、しかし、人間は必ず体も頭も衰えて行きます。 もし、年齢を重ね、体に変調をきたしてきた時に、そこまでの心の余裕は持てるでしょうか? 元気・健康なうちにこそ一度お考えになり、目をそらすのではなく、正面から受け止めるべきではないでしょうか。

葬儀を考えるなんて・・・・

自分のお葬式のことを考えるなんてしたくない!!と思われる方も多いでしょう。確かに、故人を立派に送ることは残された人の役目でしょう。しかし、残された家族たちが困らないようにと、考えることも必要かと思います。

葬儀プランを作成するための大きな流れです

事情が変わったり状況によって、ステップごとに見直し手見ましょう。 また、一定期間が経過したら、もう一度確認して修正を行っていきましょう。

送る人を自分に置き換え考えて見ても

お送りする方がいる場合など、その人に代わって行うこともいいでしょう。 その人の立場になり、どんなプランで送るのが良いか、また、家族の意向も加えて考えてみてください。

5つ星安心倶楽部サポートセンターフリーダイヤル

産地直送の格安胡蝶蘭を御利用下さい。
☆
5つの安心サービス
☆
お急ぎの方
☆
葬儀費用見積りサポートサービス
☆
葬儀社への相談サポートサービス
☆
PICK UP
安心して相談できる優良葬儀社、全国の5つ星認定葬儀社
☆
5つ星認定葬儀社を選ぶ理由
☆
葬儀の知っておきたいポイント・知識
1059_pur121.gif
葬儀の知っておきたいポイント・知識
1059_pur121.gif